電力を買うのではなく生み出す

太陽光発電は発生した電力を家庭内で使用したり、電力会社に売ったりすることのできる大変便利なシステムです。発生した電力量が消費電力量より上回った場合は、余った電力を電力会社に買い取ってもらえます。これらのやり取りは全て自動で行われますから、手間は一切かかりません。蓄電池を導入した場合は、日中の電力を貯めておいて夜間に使用することも可能です。家庭の中でエネルギーの自給自足が成り立ち、電気代の削減に繋がるでしょう。

電力エネルギーの自給を目指す家庭が増加している

私達が毎日使用している電気は、原子力や火力、水力などさまざまなエネルギーで発電しています。しかし、この電力のうちの90%以上は、海外から輸入した化石燃料に依存している状態です。万一の災害や突然のトラブルなどの発生を懸念して、自分の家で半永続的に電力エネルギーの自給、供給を目指す家庭が増加してきています。

突発的な災害の備えとして

自然の力を利用した太陽光発電は、台風や地震、大雨などの突発的な災害が発生したとき、備えになるので安心です。太陽光発電に蓄電システムを導入しておくことでエネルギーを蓄えられるようになり、災害時には非常用電源として活躍します。突然の停電の際にも活用できます。

環境にやさしく、資源を守る

太陽光発電は発電時に二酸化炭素を排出しません。つまり環境を汚さない、地球に優しい発電方法です。さらに、太陽光発電が普及すれば石炭や石油などの火力発電の負担も大いに軽減できるようになるでしょう。太陽光発電を導入する家庭が増えれば、空気を汚さず、限られた資源を節約することが可能となります。

太陽光発電の価格は、実際に設置を依頼する専門業者によって変わります。節約したい場合は事前によく業者間の価格比較をしましょう。