いるものといらないものに分ける

引っ越しが決まって、荷造りすることになった時、まず最初に手を付けるとよい作業は分類です。家の中にある不要なものを、思い切って処分するなら、引っ越しは良いチャンスです。普段あまり使っていないものや、以前は使っていたけれど最近は使わなくなったものなどを、必要なものと分けていきます。新居へ持って行っても、使わずに押入れの中へ入れるだけになりそうなものは、この機会に手放し、必要なものだけを新居へ持って行くようにしましょう。

すぐに使わないものから荷造り

持って行くものが決まったら、次は荷造りです。まずは、今すぐには使わないようなものから荷造りしていきます。オフシーズンの衣類や買い置きしている生活用品、思い出の品などがこれにあたります。引っ越しが決まってから、実際に引っ越しを終えて新居での生活が始まるまで、無くても困らないと思えるものから段ボールに詰めていきましょう。段ボールには、サインペンなどで1つ1つ中身を書いておくと便利です。後で、何が入っている箱なのかわかるようにしておくと、新居での片付けも楽になります。

使うものは直前まで残す

引っ越しの朝の食事に使う食器類や洗面道具、その日に着る服など、使うものはギリギリまで残しておきます。それぞれ使い終わった時点で、荷物に入れるようにします。あらかじめ新居の間取りごとに荷物を置く場所を決めておき、段ボールにもどの部屋の荷物か書いておくと、便利です。すぐ使う荷物はすぐ開けられるように、わかりやすくしておきましょう。

不用品の回収業者のなかには、荷物をトラックに積んだ後に高額の請求をしてくる悪質な者がいます。不要なトラブルを避けるには、事前にきちんと見積りをしてくれる業者を選ぶ事が大切です。