ビジネスモデルの明確化ある方が良い自己資金!

自営業を始める時はまず最初に、何故自分が自営業を始めたいのかを明確にする必要があります。ここがしっかりとしたもので無いと、後々大変なことになる場合があります。ここが明確になれば次は何をするのかビジネスアイデァを考えます。理想のビジネスモデルは在庫を抱えずに済み、粗利も満足のいくもので再現性も問題の無いものです。さらに思いつく色々なアイデァからビジネスモデルを具体化して、良く考慮したビジネスモデルを構築します。そして始めるビジネスモデルに必要な資格やスキルがあれば取得しておきましょう。資格やスキルの準備ができたら次は資金確保です。できれば自己資金がある方が全く無い場合と比べると、生活や事業運転資金と言った面で将来性において雲泥の差があります。

3種類の書類を提出して開業!

自営業の開業手続きは3種類の書類の提出で開業が可能です。その中で個人事業の開廃業等届出書は提出必須の書類で、開業から1ヶ月以内の提出が求められていて書類は税務署に提出します。開業して自営業となり利益を獲得した場合確定申告の手続きが必要となります。白色と青色申告の2つが確定申告にはありますが、青色申告の方が税金などの面で自営業にとって有利です。そのため青色申告をおすすめしますが、開業から2ヶ月以内に青色申告承認申請書という書類の提出が必要となります。他にも個人事業開始申告書を自営業を始めるときに、都道府県県税事務所と市区町村役場に提出する必要があります。この書類は開業することを届け出てから1ヶ月以内の提出が原則で、事業税と住民税の申告に必要となります。

フランチャイズなら土地建物の確保と、従業員の募集は本社がおこなうので初心者でも経営を始めやすいです。