タイムレコーダーのメリット

勤怠管理は一般的には紙のタイムカードで行なっている、という企業が多いですが、近年ではタイムレコーダーアプリを使うことによって簡単に勤怠管理を行う企業が増えてきています。

タイムカードは従業員の勤務時間を正確に記録するために使われているものですが、タイムレコーダーはそれと同じ機能があります。

また、タイムレコーダーにはそれ以外にも、タイムカードの購入管理の手間やコストがなくなり、勤怠管理をデジタル化することができるため勤怠の計算や入力、確認を自動化することができる、ミスや不正を防止することができるなどのメリットが得られます。

また、紙のタイムカードを保管しておく必要もなくなるため、場所を作ることができます。

タイムレコーダーの注意点

様々なメリットのあるタイムレコーダーですが、アプリでデジタル化されていることによるデメリットもあるため、導入する場合にはそれに注意する必要があります。

企業によっては署名・捺印によって記録しているというところもあります。手書きで打刻時刻を入力し、管理者が印鑑で打刻時刻の変更を承認するという申請・承認の仕方です。タイムレコーダーではこのような申請・承認の仕方を行うことができず、打刻時刻の修正は管理者が行うことが求められます。

また、利用者によっては抵抗を感じてしまうという人もいます。古くてもやり方のわかりやすいタイムカードの方が安心、新しい使い方がわからないというケースもあります。特に年配者が多い職場では考えられるケースですので、使い方を説明することが大切です。

働き方改革の一環で労働時間を客観的に記録することが求められるため、各企業ではタイムレコーダー等の導入が早急に求められています。