一般家庭では押し入れ程度で十分なのが普通

家を建てるときに倉庫を作った方が良いかどうかで迷ったことはないでしょうか。注文住宅を建てる際には自由があるので、土地の一部を使って倉庫を作っても問題ありません。物置小屋を建てる程度のことが多いですが、本格的に温度や湿度まで管理できる倉庫を建てることも可能です。ただ、一般家庭では物置小屋すら必要がなく、押し入れ程度の収納があれば十分な場合がほとんどです。倉庫があれば色々なものを長期的に保管できて便利だと思うかもしれませんが、作ってみてもあまり使わないケースが目立ちます。ただ、例外的なケースがあるので念頭に置いておきましょう。一般家庭でも働き方によっては家を建てるときに倉庫を用意した方が良い可能性があります。

事業をするなら倉庫が必要なこともある

個人事業をするときには倉庫があった方が良い場合が多々あります。近年人気のネットショップ経営や個人の小売店の経営などでは商品を保管する倉庫があると在庫管理をしやすくなります。小さな倉庫でもサイズがあまり大きくない商品ならたくさん収納できるでしょう。在庫不足で利用者にストレスを与えないためにも倉庫を確保しておくのは重要です。一方、農業や林業のように農作物の種や樹木の苗などを保管する場所が必要な場合にも倉庫があると便利です。米やイモ、豆などを作る場合には保管が必要になることも多いので、倉庫を用意して必要時に出荷できるようにすると経営しやすいでしょう。このように事業をすることを考えているなら倉庫も用意するのが大切です。

3PLは、サード・パーティー・ロジスティクスの略で、物流業務を自社で行うのではなく、他社に委託して行う物流業務形態のひとつです。