社員の年齢や職種に合わせた研修の計画を立てよう

社員研修は、自覚を持って日々の業務に取り組めるようにしたり、組織の一員としてやりがいを感じたりするうえで貴重な機会となっています。そうした中、社員教育を成功させるには各部署の管理職や研修の対象者と面談やアンケートを行って、慎重に研修の計画を立てることが重要となります。また、社員教育を無駄にしないためには、早い時期から社員の年齢や職種に合わせた研修のテーマを設定したり、講師の選定をしたりすることがポイントです。企業によっては、社員教育の一部を外部の研修会社に任せたり、研修の度に各方面で活躍しているプロを講師として招待しているところもあります。

多忙な部署はオンライン上の研修も上手く取り入れよう

社員教育を行うにあたって、営業部をはじめとする多忙な部署の社員に対しては、集合研修ばかりでなくパソコンやタブレットを用いたオンライン上の研修も上手く取り入れることが重要です。たとえば、ビジネスマナーや一般常識といった基本的な内容の教育を行う場合には、オンライン教材を用いることで、それぞれの社員が都合が良い時間を利用して研修を受けることが可能となります。また、オンライン上の研修は、集合研修と比べて準備に時間が掛からないことや、人件費の節約につながるといったメリットもあります。なお、自社に相応しいオンライン上の研修を実施するうえで、社員教育のサポートに力を入れているIT関連企業にアドバイスを聞いたり、便利なツールを提供してもらったりするのも良いでしょう。

社員教育とは会社が発展を遂げるために、会社の理念や商品を社員に認識してもらうための教育です。それに伴って社員が会社に貢献してもらうのも一つの狙いです。