ガラスを割れにくくできる

窓ガラスの表面に貼るフィルムには、ガラスを割れにくくする効果が期待できます。基本的にはある程度の厚みがあり、クッション性を伴います。そのため衝撃を吸収することで、割れてしまうのを防げる形です。また万が一割れてしまうほどの強い衝撃が加わったとしても、粘着力の強いフィルムであれば剥がれることが少ないです。その上柔軟性があるので、割けることもあまりありません。したがって割れたガラスの破片をキャッチして飛び散るのを防ぎ、ケガのリスクを下げられます。

防犯性能を高められる

高い防犯性能を伴ったガラスフィルムであれば、空き巣の被害を未然に防げる可能性もあります。空き巣は窓ガラスを割って鍵を開けられる状態にすることが多いです。けれどガラスフィルムがしっかりとカバーをすれば、鍵に手が届くまでの時間を長くできます。基本的に空き巣は短時間での作業完了を重視するため、窓を開ける作業に手間取れば諦める可能性が高いです。さらにガラスフィルムには柄付きやすりガラス風など色々なデザインがあり、その選択次第では家の中を見えにくくすることも可能です。

費用が安く済みやすい

ガラスを割れにくくしたり防犯性能を持たせたりするためには、ガラスそのものを交換する方法があります。けれどその場合は費用が嵩みがちです。それに対してガラスフィルムは比較的価格が低いため、コストを抑えられるのが強みです。そしてしっかりとした製品であれば、数年単位の長期間で性能を発揮してくれるはずです。

地震や火事などの災害時に窓が割れてしまい、飛び散ったガラスの破片などによって怪我をしてしまう危険があります。しかし、窓にガラスフィルムを貼ればガラスが割れても飛散を防げるので、怪我の危険を減らします。